常駐型採用代行と外部委託の違いとは・・・・・

採用における採用代行といえば、
採用時に発生する業務の代行をアウトソーシング会社に出し、
採用活動に支障のないようにするためのサービスという認識が強くあるというのが現状ではある。

一部の会社では採用代行対象者が各企業に常駐として支援するサービスもある。

常駐型採用代行というだけあり、採用時に発生する業務をただこなすだけではなく、
採用成功のためにこちらから随時問題解決案、改善案などを提案出来るメリットがある。
さらには、コンサルティングを軸としてサービスを展開する会社の支援を受けると
コンサルティング(採用上に発生するあらゆる課題に対する解決案)を行うことが出来る。

中には、面接官代行、説明会代行等の企業の採用に深く関わる場合も少なくない。
常駐するということは、その人間のスキルをどう使うかは、各企業様次第である。

・こんな人がいれば良いのに・・・
・隣で常にコンサルタントがいれば良いのに・・・
・資料を分かりやすく作成してくれる人が良いのに・・・等

どんな人材が社内にいれば良いのかという一時的なニーズに対応出来るのが
常駐型採用代行である。


--------------------------------------------------
関西新卒採用コンサルティングサービスはこちら
常駐型採用代行常駐型採用アウトソーシングこちら

-------------------------------------------------
キャリアマート/常駐採用コンサルタント
常駐型採用代行&常駐型採用アウトソーシング
就活サポート就職活動支援サービス
新卒紹介新卒者紹介サービス
-------------------------------------------------
新卒採用コンサルティングについて
新卒採用アウトソーシングについて
新卒採用ツール中途採用ツール
-------------------------------------------------

"常駐型採用代行と外部委託の違いとは・・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント