新卒採用アウトソーシングとは

テーマ1:新卒採用における採用アウトソーシングの使用方法
各々の企業様でアウトソーシングをやられる意味は違います。
私の経験上、下記課題点をお持ちの企業様が多い

・マンパワー不足
・母集団の取りこぼしの抑止
・コスト削減
 など

売り手市場と言われるだけあり、学生からの応募は非常に多いと感じられる。
しかし、それに応じるだけの人手がない。
そこでアウトソーシング(採用代行)をすることにより
採用活動をスムーズにして頂く。

そして、もっとも重要視される新卒採用アウトソーシングの意義は
人事様のお手数になっている部分を採用アウトソーシングして頂くことによって
学生と会う時間を多く作って頂くというのが意義なのだと考える。


テーマ2:新卒採用アウトソーシングが及ぼす企業と学生への影響

まず、採用アウトソーシングが及ぼす企業への影響というのは、
テーマ1でも書かせて頂いた部分と重複いたしますが、
人事様のご負担を軽減することや、
母集団や選考中の取りこぼしの抑止、
コストの削減ということがある

では、学生への採用アウトソーシングはどういったものがあるのだろうか
メリット:女性が丁寧に次回の案内をして頂けるといことは、非常に嬉しい
     セミナーなどの前に電話がかかってくると自分に特別感を感じる
     リスポンスが早いと親近感や稀少感を感じる

デメリット:電話で案内してくれていた人が入社してみたらいない

などである。

新卒採用アウトソーシングが及ぼす影響というのは、
計り知れない部分もあるが、
採用の成功の鍵はアウトソーシングであると言っても過言ではない

新卒採用アウトソーシングサービスイメージはこちら
新卒採用アウトソーシングサービス一覧はこちら< /a>

採用コンサルティング事業部サービス一覧はこちら
合同説明会 合同企業説明会の活用方法はこちら

-お問い合わせはこちら------------ -------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月18日 03:13
「アウトソーシング」とひとことで言っても、様々なアウトソーシングがあります。

「新卒採用業務のアウトソーシング」というものが市民権を得てきたのは本当にここ数年かもしれませんね。

ということは、参入企業が増加し、ひいては淘汰が始まる時期でもあります。

淘汰に勝ち抜いていくため、勝ち続けるためにはやはり、「顧客から信頼され、選ばれる」ことが大前提ですね。
2009年01月06日 18:56
常駐型新卒採用アウトソーシング。
このニーズの可能性は非常に大きいですね。

今日もクライアント先で、
そんな話が出ました。

この記事へのトラックバック